千葉 房総アジングオカッパリレポート‼︎2017.2.18

長年使用していた愛竿が不慮の事故で逝ってしまったのでニューロッドを入手し入魂する為、確実なジンタ狩りに釣行する。

現場に着くと昨日の爆風の影響はあまり無くホッとする。

カマスもいるのでリーダーは太くしワームはフィッシュテールのチャートからゲーム開始!

すると直ぐにジンタからの反応でそこから数を伸ばし入魂完了!

マズメ過ぎにカマスも少し反応し楽しめた釣行。

このフィッシュテールは本当にどの場所でもどの魚種でも外さない奴ですよ。

このジンタが大きくなる事を期待しますな。
c0349544_20030768.jpg


[PR]

# by baitbreath-salty | 2017-02-18 20:02

千葉 房総アジングオカッパリレポート‼︎2017.2.13

昨日シーバスの乱入で少し不完全燃焼だったのでリベンジに釣行する。

現場に着き水中を観察するとシラス系ベイト発見!

昨日は表層での男引きに好反応だったので表層を引きやすくまたフォールをマイルドにする為ブレードをワンサイズ大きくした湾ベイトが本日の武器!

嬉しい事にファーストキャストからアタリで中層に奴等がタムロしている。

ハイシーズンの様に強めのリフトアンドフォールでフォール時にヒットが続く!

ヤバい 楽しすぎる!

俺的のリミット達成しその後はリリースを繰り返しノーマルブレードとの比較をすると、やはり高活性時にはワンサイズ大きいブレードの勝ちだがカマスといえどもいつもガツガツしているとは限らないが面白い結果だと思う。
c0349544_14432794.jpg



[PR]

# by baitbreath-salty | 2017-02-14 14:42

千葉 房総アジングオカッパリレポート‼︎2017.2.13

アジらしいアジは不在。

よってまた例の港にカマゲーに釣行する事に。

途中、友人がこのところの北風で水温が12度を切っているという情報をもらいガッカリ。

現場に着くと低水温特有の澄み潮でボトムもくっきりと。

しかも全くベイトっ気が無いがやらねば分からぬと湾ベイトをセットしゲーム開始。

この絶望的な状況でボトム近くでブレードキス!

ピックアップ寸前にギラッ!ひょっとして表層?

試しに着水と同時にリトリーブすると明確なアタリでヒット!

これが今日のパターンで一時イレパクに!

しかしいました口のデカい奴。

んー奴さえ来なければ湾ベイトの男引きでのゾーンが続いたのに!

しっかし海は何が起こるか分からぬ。

だからこそ面白い!

c0349544_14061983.jpg


[PR]

# by baitbreath-salty | 2017-02-13 14:05

千葉 房総アジングオカッパリレポート‼︎2017.2.6

先日の釣果に納得出来ず例の港に日没後に到着。

リグりながら水面を眺めるが本日も生命反応は無く厳しい戦いが予想される。

しかし今日は逃げ道を封印し湾ベイト一本で勝負!

潮が動き出すと待望のブレードキス!

盛期のカマゲーならここで強めのリフトアンドフォールで仕留められるがこの時期は逆効果。

ひたすらブレードキスに耐え一定のスピードでリトリーブ。

そしてやっとヒット!

湾ベイトで結果を出す事が出来た。

数も型も貧果だったが納得のゲーム。

しかし今年はイワシ類が全くいない!

セグロは勿論の事、トウゴロウでさえいない。

しかし水温は高いままなのでベイトさえ入れば一変するかも?

c0349544_18134791.jpg


[PR]

# by baitbreath-salty | 2017-02-04 23:48

千葉 房総アジングオカッパリレポート‼︎2017.1.31

貧果なり。

先日のカマス取り放題の港に直行する。

装備も万全で意気揚々で頭にはカマスの開きをイメージしつつジンタで遊んでいると真っ暗になりカマゲー開始!

本日はカマゲー最強の湾ベイトからエントリー。

ボトムまでテンションフォールで泳層をチェックするが全く反応が無い。

んーたった1日でこれだけ変化するか?

ソルトでは良くアルアルの事だがカマスで?

粘っているとやっとアタリが出始めるが完全にブレードキス!

仕方なくジグ単にフィッシュテールのパールをセットし始めると1発でヒット!

これが今日のパターンでいただき!

だが違いました。

カマスが居なかった。

しかしカマスの型が良かったのが救いになったかな。

話は変わるがジンタで遊んでいると表層にはセグロ玉で下はアジで真っ黒!

アジングしているとセグロがいる時は非常に釣果がいいのでベイトが同じだからアジも活性が良くなると思っていたが、俺は見た。

アジはセグロを上手く利用しカムフラージュに使っていた。

捕食者側は水面に近くそして密集度が高いセグロから攻撃する。

するとアジはその間に上手く逃走し、またセグロが集まるとちゃっかりその下に着く事を確認出来た。

多少の犠牲は出るがその群れが全滅する事は無い事をDNAに刻まれているのだろ。
c0349544_22514241.jpg


[PR]

# by baitbreath-salty | 2017-01-31 22:50