千葉 房総アジングオカッパリレポート‼︎2016.6.15

去ってしまったアジがまた戻ってないか淡い期待しつつ現場に着くとやはり餌にもサビキにも釣れていない。

それでもゲームスタートすると一投目からヒット!

そうです。

動かない物には反応しないアジです。

この群れはボトム付近でアミ類を補食している、厄介な奴らでジグヘッドを最軽量に変更しなるべくナチュラルに、そしてフォールの時間を長くと。

これがズバリ的中で餌師達を尻目に私だけヒットが続きツヌケ達成で少し優越感。

ハイテンポなゲームも面白いが、このスローテンポな竿先を押さえ込むあたりでヒットするのもアジングの醍醐味!

この前のアジはプリとアフターが混成していたが今回は全てアフターなので産卵後の荒食いに突入か?しかし満月回りなのでチョイ不安です。

このアミパターンにはクリアー赤ラメが最強ですよ。

今日もこれ一本でした。

今週はマズメ時にラッシュが集中するかな?

c0349544_02233450.jpg



[PR]

by baitbreath-salty | 2016-06-16 02:22

千葉 房総アジングオカッパリレポート‼︎2016.6.13

アジング祭りはもう終演か?

この日もアジを求めてフラフラと各港を回っているとベイト発見で、この場所からゲームスタートするがアジの魚影は確認出来ない。

しつこく粘っているとやっとヒット!

尺上の引きだったが上がってきたのは、これまたレアなメジナ君でがっかりです。

しかし、なんだろう?この局所的なアジの釣れ方。

しかもアジが入ってくれば大群でそれこそ束抜けする。

ある程度のパターンは有るがそれも確実では無い。

やはり通う事しか無いみたいです。

そう言う事でニードル、フィッシュテール、リンガー各色五色程度持って釣行して下さい。

このワームが絶対期待を裏切りません!

c0349544_12545744.jpg



[PR]

by baitbreath-salty | 2016-06-14 12:54

千葉 房総アジングオカッパリレポート‼︎2016.6.11

今日も爆釣!

この日は教科書通りに日没後から少したってからゾーン突入。

やはりシラス系を活発に補食しだし最初からアジが頭を出しスイッチオン状態!

表層の強気の攻めでまたもや直ぐに俺的な打ち止め終了〜今回はどの状態がアジに嫌われるか検証する事に。

逆の思想でわかる事も多数有る。

例えば層の違いやアクションのかけ方等勉強出来た。

やはりアジング少しの違いで全くヒットしなくなる。

針先をカットしてゲームしているとベイトブレスのソフトマテリアルはバイズミックスの効果でなかなか放さない事も判明できた。

ニードル、フィッシュテール、リンガーそれぞれの特徴を生かしてゲームするのも非常に面白いですよ。

c0349544_02141642.jpg



[PR]

by baitbreath-salty | 2016-06-12 02:13

千葉 房総アジングオカッパリレポート‼︎2016.6.10

サードインパクト来た〜!

上げ狙いで淡い期待を込めて出撃する。

大潮辺りから全くアジは姿を消していたので期待せず海面を観察するとベイトはいる!

その下に見慣れたギラギラを発見!

アジ確認する。

しかし上まで来ていないのでリンガーを放射状に男引きでアジにスイッチオンさせる。

はい、完璧にうわずった!

直ぐに俺的な打ち止め終了で、また針先をカットしたヘッドで色々テストする。

やはり同じカラーだとスレるし、ヘッドを重くすると極端に喰わなくなる。

やはりアジングは難しいと感じる。

フィッシュテール、ニードル、リンガー共に全てのアジングシーンをモーラ出来るが、俺的な使い分けはキャロやただ巻きにはニードル、トゥイッチプラスカーブフォールにはリンガー、フリーフォールに好反応の時はノーマルフィッシュテールとして使い回しています。

アジングも活発化しているのでこのシリーズが店頭にあれば即買いですよ。

爆釣の時に無くなったら辛過ぎですからね。
c0349544_02125518.jpg



[PR]

by baitbreath-salty | 2016-06-12 02:11

千葉 房総アジングオカッパリレポート‼︎2016.6.4

またしても来てしまった快感を味わいに。

この日もやはり絶望的な潮位。

多分昼間なら絶対に竿など出さないだろう。

激しいボイルを期待したが今日は無し。

なんで?アジの群れ抜けた?

アジングではたった1日で激変する事は良く有る事だが束抜けした翌日で?

それでもタックルセットしガンガン表層を攻めるとやはり居ました!

しかもサイズアップしている!

表層の男引きで奴らのスイッチオン。

リンガーからニードルそしてフィッシュテールのローテーションで俺的の打ち止め終了〜その後は二軍のジグヘッドの針先をカットしアジを掛け無い様にカラーとシルエットとの関連、それでリトリーブスピードの限界をテストする。

もちろんマッチするカラーは有る、よって五色程度は必要だ。

リトリーブスピードはやはり青物系!

ビックリする程の速さでも食いついて来る。

やっぱりアジング面白い。

アジもこの新月の大潮で産卵か?

また沖に帰ってしまうのかな。
c0349544_19291770.jpg



[PR]

by baitbreath-salty | 2016-06-04 19:27

千葉 房総アジングオカッパリレポート‼︎2016.6.3

やっぱりキター!

アジング祭り今期セカンドインパクト。

この日は絶望的な潮位だったが期待を込めて現場に着くと、激しいボイル音。

イワシを追ってまたシーバスか?

しかしよくよく音を聞くと違う!

間違い無くアジだ。

ソッコーでタックルセットし第一投。

表層を激しいアクションでなるべくヒットさせない様に数投させて、もっとアジに表層を注目させる。

リンガーのアピール力は強力で完璧にアジ達はうわずった。

後は刈り取るだけでイージーなゲームでアジの鋭角的な強い引きを楽しみ、またしても束抜け達成!

ン〜快感!
c0349544_19273017.jpg



[PR]

by baitbreath-salty | 2016-06-04 19:26