千葉 房総アジングオカッパリレポート‼︎2016.2.29

不調続きのアジ、そして爆風よってシーバス狩りに釣行する。

現場に着くと思った程荒れていないがそこそこうねっている。

潮色もOKやる気マックスで挑む。

多分ベイトは7センチぐらいのトウゴロウ。

よって湾バイブの19グラムのイワシカラーでゲーム開始!するとまだ明るいうちからヒット!

ハ〜?ここでは珍しいフッコサイズ。

そこからは正にシーバス祭りになったが全て同サイズ。

このポイントは平スズキと丸スズキが混成しているがこのサイズはかえって珍しい。

しかしこの爆風下でまともにゲームが出来る湾シリーズはありがたい。

湾バイブ、湾ベイト等この手のルアーを使っていると結構な割合で前兆が有る。

魚がルアーのスリップストリームに入る事でせこが面白さ!

バイブレーションが消える!

一番ドキドキする瞬間。

やはりゲームフィッシングが面白い!

たが肝心のアジは釣れて数匹。

どこ行ったアジ?
c0349544_23045939.jpg



[PR]

by baitbreath-salty | 2016-02-29 23:03

千葉 房総アジングオカッパリレポート‼︎2015.2.24

やっとアジ君の顔が見れた。

もうアジの顔も引きも忘れかけてた。

別にサボってた訳では無く、マジでアジがいなかった。

この時期にこれだけ苦戦を強いられた事は無かった。

個人的にはこの時期のアジングは大好きだ。

理由は2つのS!suddenly-surprise!

そしてじっくりとアジと向き合えるからだ。

この日も潮回り、風向き共に最高だがいかんせんアジを見失っているので期待もせずに現場に到着。

水面を凝視しながらタックルセットするが、やはりライズは無い。

この状況下で?やはりアジはいないのか?

それでも基本に戻りフィッシュテールのチャートからゲーム開始。

すると数投目で明らかなアタリ!

ひさびさのアタリだったのでミスった。

やる気マックスで数投すると今度はノッタ!

小気味良いアジのファイト!

やっぱりいいですね〜その後数匹追加し、いつものように全く気配無しに。

しかし、何時になれば南房アジは復活するのか?

アジ専門の漁師も嘆いていましたよ。

この少ないチャンスをものにできる、ソフトマテリアルのフィッシュテールとニードルは必須ですよ!
c0349544_15541940.jpg



[PR]

by baitbreath-salty | 2016-02-25 15:52 | アジングオカッパリ!

千葉 房総アジングオカッパリレポート‼︎2016.2.2

厳寒期のアジングはまさにガマン大会の様相。

しかも釣果もパッとせずプラス最悪の潮回りなので全く期待せず短時間勝負での釣行。

勿論、先行者はいない。

もさもさとタックルセットしながら水面を観察するが、やはりライズは無い。

それでもポツポツヒットが有るニードルのパールホワイトから始める事に。

すると数投目でコツ!ん〜癒し系?

すると潮が少し動き始めリグがいい感じに張るとまたコツ!

カラーをアミにチェンジした途端ヒット!

型が良くなっている。

やはり困ったときのアミ頼み!

このカラーは非常に地味だが頼りになる奴です。

店頭に有れば即ゲットして下さい。

この日のアジはボトム付近で甲殻類や多毛類を補食しているのでレンジを上げてしまうと全くノーチャンスになってしまう。

アジングってこんなに難しかたっけ?

カラーチェンジとレンジキープの重要性を再確認した釣行でした。

だが今度の新月周りは期待出来ますよ。

寒さに勝てればきっと?
c0349544_11052905.jpg



[PR]

by baitbreath-salty | 2016-02-03 11:04 | アジングオカッパリ!

千葉 房総 アジングオカッパリレポート‼︎2016.2.1

ひさびさにバスタックルを引っ張り出しムラソイ狩りに釣行する。

地磯からエントリーし大きめの岩や石を探しながら程よい大きさの岩礁に、バグジーをピッチングやキャストをしていると、原色のバグジーがフッと消える!

合わせもバス同様ガツンと!ヒット!

ムラソイとしてはナイスサイズがポツポツくる。アジングとは違う面白さがある。

岩影に落ちた原色のバグジーが消える!

完全なサイトフィッシングもやると新鮮な感じですよ。

肝心のアジングはやっとアジも水温に慣れたみたいでポツポツです。

次の潮変わりぐらいから多分いい感じになると思います。

海のワームゲームは無限ですな。
c0349544_22215726.jpg



[PR]

by baitbreath-salty | 2016-02-01 22:21